みんなの相続Q&A - 負債のある伯父の相続放棄について

お助け相続ナビ

相続・遺産相続の専門家に無料で質問ができる専門家検索サイト

相続ナビホーム > 相続Q&A > 負債のある伯父の相続放棄について

キーワード

負債のある伯父の相続放棄について

負債のあった伯父の相続について質問させていただきます。

まず、私から見た親族の関係は下記になります。
(父方の親族です)

■伯父A(4月に他界)
  伯母・いとこ×3

■父(6月に他界)
  母・兄・私

■祖父(10月に他界)
  伯父B・叔父C


4月に他界した伯父Aの会社に負債があり、伯父の家族は全員相続放棄をするとの事で、伯母から提出するように依頼があったので、私たち家族の分も戸籍謄本等の伯母に言われた相続放棄に必要な書類を6月に伯母に渡しました。
(父は提出前に他界したので提出していません)


そして、昨日銀行から「期限の利益喪失通知書」が送られてきて、相続人4人で支払うようにと言うような内容でした。

----------------------
被通知人 債務者 有限会社○○(伯父Aの会社)
代表取締役 伯父A
連帯保証人 故 伯父A
相続人 伯父B・叔父C・兄・私
(相続人欄に、伯母・いとこ・母の名前はありませんでした)
----------------------

上記の見方がよくわからず、母に聞いてみたところ、
祖父が連帯保証人になっていた(ようなことを聞いた)から、祖父が他界した為ではないかと言っているのですが、祖父の名前は連帯保証人欄や他の欄等、どこにも書いておらず主人が伯父Aの遺産放棄がされていないのではないかと心配しています。
(叔父Cが伯母に連絡した所、電話に出られなかったようで不明)

祖父の連帯保証分でしたら、相続放棄を行う予定でが
(いとこの名前がないのは、祖父が他界してすぐに相続放棄を行っていたのでしょうか?そこも謎です)

万が一、伯父Aの相続放棄が出来ていない場合すでに3カ月経過していますが相続を放棄する方法など、最良な方法はあるのでしょうか?


お忙しい所お手数おかけしますが、宜しくお願い致します。

質問者Herbs さん 質問日2012年10月24日

専門家の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年10月25日

あなたが,相続放棄手続をしたのであれば,裁判所から受理の通知が来ているはずです。ちゃんと,確認してください。

なお,あなたが,伯父Aの相続人になるのは,少なくとも,祖父が相続放棄をしたか,祖父が相続放棄をせずに亡くなったときですから,それを知ったときが,熟慮期間の起算点ですから,まだ相続放棄の手続はできると思います。

専門家の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年10月26日

先ず、相続関係をしっかり頭に入れておかねばなりません。
伯父Aが4月に他界すると相続人は、配偶者と子達です。あなたから見て伯母は配偶者でしょう。いとこ×3はその子達でしょう。ならば、あなたの父や他の伯父達に相続権はありません。
銀行から伯父A(被相続人)の債務を相続人(伯父A、B、C、兄、私)として払えと通知が来た、それが真実の相続関係であるとすると、伯父には籍に入っていない妻と子が居たと言うことになります。すると、相続は直系尊属(祖父)に行き、伯父の兄弟姉妹には行きません。祖父(伯父Aの父)は、生きていたのですから同人が相続人となります。したがって、あなたの父(伯父Aの兄弟)に相続は行きません。祖父が亡くなったとき、その子(あなたの父などに)相続が開始されます。
しかし、祖父が亡くなったのが今年の10月であれば、相続放棄する期間(3ヶ月)はまだあります。ですから、祖父の相続を放棄すればその問題は解消します。
銀行からの期限の利益喪失通知は、貸付金の弁済期が超過し、利息ではなく遅延損害金となったという通知でしょう。
先ず、そういう相続関係を弁護士または司法書士に調べてもらうことです。

専門家の回答

noPhoto
専門家過去掲載の専門家  あなたの悩みを専門家に相談
回答日2012年10月25日

伯父Aの相続人である伯母といとこが相続放棄をしますとAの父(祖父)が相続人となります。したがってAの債務を祖父が相続し、祖父が相続放棄をする前に死亡しますと、Aの債務は祖父の子供であるお父さんとB、Cが相続しますが、お父さんが祖父より先に死亡していますので、あなたとお兄さんが相続します(代襲相続人)。すなわちあなたとお兄さんとB、Cが祖父の相続人ですので、Aの債務を含めた祖父の財産を相続することになり、それ故銀行は4人に対し支払いを請求してきたのです。あなたが支払いをしたくないとしましたら祖父の相続につき相続放棄をすることになります(10月死亡ですので十分間に合います)。しかし祖父の積極財産が銀行の債務と祖父自身の債務以上か否かを検討する必要があります。積極財産が債務以上の場合は「限定承認」の手続きをしますと差額の積極財産を相続できます。相続放棄期間の3ケ月内に祖父の積極財産や債務の調査が困難な場合は家庭裁判所に期間伸長の申立てを行うことができます。

専門家の回答

noPhoto
専門家過去掲載の専門家  あなたの悩みを専門家に相談
回答日2012年10月25日

叔父Aの相続について,叔父Aの妻とその子らが相続放棄した場合には,祖父母が相続人となり,祖父母が相続放棄した場合に,あなた,兄,叔父B,叔父Cが相続人となります。
祖父の連帯保証債務であれば,祖父が亡くなった後3か月,叔父の債務であれば,祖父が相続放棄をした時か,相続放棄をせずに祖父が死亡した場合は,祖父が死亡した時から3か月が相続放棄の期間となります。祖父の相続を放棄する必要があるのであれば,単純承認となるようなこと(祖父の遺産の取得等)をしないように注意する必要があります。

専門家の回答

noPhoto
専門家過去掲載の専門家  あなたの悩みを専門家に相談
回答日2012年10月25日

 銀行からの書面を見る限り、伯父A氏について、ご家族が相続放棄をし、祖父さまも相続放棄をした後、祖父さまが亡くなられたと考えられます。
 この事実関係を前提に考えますと、Herbsさまが、祖父さまの相続放棄がなされたことを知ったか、ということが問題となります。相続放棄の期間3ヶ月は「自己のために相続の開始があったことを知った時」が基準となります。単に被相続人が亡くなった時ではなく、それを知った時でもありません。今回のケースでは、Herbsさまが伯父A氏の相続人となるにはA氏のご家族、ついで祖父さまが相続放棄をすることが前提となります。したがって、Herbsさまが相続放棄をすることはまだ可能ではないかと思われます。まずは、事実関係を確認されることが必要です。

専門家の回答

noPhoto
専門家過去掲載の専門家  あなたの悩みを専門家に相談
回答日2012年10月25日

 相続放棄の申述期間は,「相続の開始を知った時から3か月」です。Herbs様が伯父の相続人となるには,少なくとも祖父が相続放棄をしたときか祖父が亡くなったときであり,いずれの事実も10月以降にお知りになったのですから,その時から3か月は相続放棄をすることができると思います。
 同様に祖父の相続についても相続放棄はできます。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

伯父に関連する相続Q&A
キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索