相続の基礎知識 - 贈与税とは?

お助け相続ナビ

相続・遺産相続の専門家に無料で質問ができる専門家検索サイト

相続ナビホーム > 贈与税

贈与税

贈与税とは?

■贈与税の役割  相続税の基本的な知識をこれまで見てきましたが、遺産を相続するにあたって、相続税の補完的な役割として機能しているのが、贈与税です。贈与税は、生前に財産を妻子などにすべて贈与しておけば、相続開始の時点で課税されるべき財産をゼロにして、相続税を回避することも可能になってしまいます。このような過度な対策を規制するために設けられているのが贈与税です。
 被相続人の死亡前3年以内に相続人や受遺者が被相続人から贈与を受けた財産がある場合、その財産は相続税の課税対象に取り込まれることになります。贈与された財産を含めて負担する相続税が計算されたら、納税にあたっては贈与された財産についてすでに納めた贈与税は精算されます。

■贈与税の課税価格  年間110万円を超える財産を贈与された時には贈与税がかかります。ですので、もし節税対策に贈与を行う場合でも、全く税金をかけないで行うというのは難しい物です。もちろん、毎年分割して贈与し続ければ税金はかかりませんが、多くの場合、年齢を重ねてから意識するものです。そういった意味では、相続に関する問題には早め早めに取り組まなくてはいけません。

■難しい贈与税計算  とはいえ、やはり贈与税や相続税に関する計算は難しいものです。お金の問題ですので、専門家に任せるだけでなく、自分でも知識をつけておきたい物ではありますが、人生で1度あるかないかの贈与ですので、皆さん戸惑いも多いのではないでしょうか。
 もしどうしてもお困りであるというのであれば、専門家に相談することをお勧めします。専門家検索より 税理士の先生を選んでご相談されてはいかがでしょうか。
 贈与、贈与税の問題も、費用をかける分、かなりの手間が避け、意外に簡単に解決するものです。

注目の相続専門家

東京中央総合法律事務所

東京中央総合法律事務所

相続の紛争により、遺族の方々の人間関係が悪化してしまうことも珍しいことではありません。 ...


贈与税に関連するQ&A
地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについては…
弁護士
相続税・節税については…
税理士
各種手続きについては…
司法書士 行政書士
地域から探す
業務から探す