相続の基礎知識 - 相続人の欠格と廃除

お助け相続ナビ

相続・遺産相続の専門家に無料で質問ができる専門家検索サイト

相続ナビホーム > 欠落

欠落

相続人の欠格と廃除

「相続欠格」とは、相続に関して不正な利益を得ようとして不正な行為をした人またはしようとした人から、相続人資格を剥奪する制度です。例えば、相続人になるべき者が被相続人を殺害したり、遺言を偽造したような場合です。

また、「廃除(はいじょ)」とは、上記の相続欠格までの重大な理由はないけれども、被相続人からみてその人に相続させたくないと考えるような非行があり、かつ被相続人がその人に相続させることを欲しない場合に、被相続人の請求に基づいて家庭裁判所が審判または調停によって相続権を剥奪する制度です。例えば、生前に虐待を受けた場合です。

ただし、これらの相続欠格や廃除は実務上はほとんど利用されておりません。

注目の相続専門家

東京中央総合法律事務所

東京中央総合法律事務所

相続の紛争により、遺族の方々の人間関係が悪化してしまうことも珍しいことではありません。 ...


欠落に関連するQ&A
地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについては…
弁護士
相続税・節税については…
税理士
各種手続きについては…
司法書士 行政書士
地域から探す
業務から探す