相続について弁護士、税理士に相談できる日本最大級のQ&Aサイト!

お助け相続ナビ

相続・遺産相続の専門家に無料で質問ができる専門家検索サイト

まずは相続の専門家に電話で無料相談!
相続に関する問題は、時間が経過すると解決が難しくなることや余計な費用が
発生することがあります。早い段階で相続の専門家に相談して親族間のトラブルを
未然に防ぎましょう。弁護士をはじめとする専門家があなたをサポートします。

相続ナビマップ 北海道 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 青森 島根 京都 岩手 鳥取 山口 福井 石川 富山 長野 新潟 岡山 広島 兵庫 大阪 石川 神奈川 埼玉 東京 山梨 茨城 群馬 栃木 千葉 山梨 栃木 埼玉 滋賀 群馬 千葉 和歌山 愛知 愛知 三重 岐阜 静岡 岐阜 茨城 静岡 三重 和歌山 奈良 滋賀 京都 兵庫 大阪 東京 長野 福井 富山 奈良 神奈川 島根 鳥取 山口 広島 岡山 宮城 福島 新潟 秋田 山形 徳島 高知 香川 愛媛 徳島 香川 高知 愛媛 鹿児島 福岡 宮崎 大分 熊本 長崎 佐賀 鹿児島 熊本 佐賀 長崎 宮崎 大分 福岡 沖縄 沖縄
事務所名や、駅名からお探しできます。

相談したい内容から専門家を検索

取扱業務から専門家を探す

「お助け相続ナビ」で無料の相続相談

ある日突然おこる相続の問題。その時に備えて相続に関する準備を始めませんか?!「お助け相続ナビ」では、相続の様々な専門家(弁護士や税理士など)に無料で相談することが出来ます。また、「直ぐに対応して欲しい!」というお急ぎの方には、地域別の相続専門家検索がお勧め。あなたのお近くの専門家を探せます。

無料相談・専門家検索以外も充実のコンテンツ!

無料相談による日本最大級の相続Q&Aはもちろんですが、その他にも相続に関する「基礎知識」コンテンツも充実しています。相続の基本的な手続きの流れから、専門用語の解説まで、いざという時に役立つ相続コンテンツをご覧ください。

弁護士、税理士への相続相談 Q&A

15年前の相続
15年前父が亡くなり配偶者控除を利用し母が全て相続しました。しかし今になって弟が、分割した記憶がないといい、遺産分割を求めてきました。当時の分割協辞書等残っておらず、偽造したと言い調停になっています。父名義の土地家屋の名義変更がされていなかったので、致し方なく協議をやり直し代償分割することにしました。
①土地家屋については 最新の固定資産評価額で分割でしょうか?弟は時価で請求しています(母と私家族が住んでいます)
②当時父名義の預金が1000万ありました。すでに解約しており(弟も捺印して払い戻ししているが記憶にないと主張)すでに残っていません。これは今回相続の対象にすべきなのでしょうか
以上、法にそってアドバイスを御願いいたします。
専門家の回答を見る
相続放棄後の車の処分について
一昨年の夏に父が急逝しました。
父には多額の負債があり、相続人全員(母、子供、父の兄姉)で相続放棄をしました。

父が使用していた車について悩んでいます。
この車は、父が亡くなる3ヶ月前ほどに、勤務していた会社の社長から買ったものになります。
一括での支払いが難しいので、父はオートローンを組んで購入しました。

父が亡くなりローン会社に引き取りをお願いしたのですが、「引き取れない」と言われてしまい現在まで駐車場代を支払い続けています。

車検証記載の所有者は、ローン会社ではなく父の名前になっています。
車はミニバン。昨年車検が切れました。

上記のような状態の車を廃車する事は可能でしょうか?
可能な場合、どのような手続きをどこにお願いすればよいのでしょうか。
専門家の回答を見る
相続権の有無
私の両親は幼少期に離婚し、私は母のもとで育ちました(その後父とは全く交流がなく、養育費も一切もらっていない)。父は再婚し、再婚相手との間に子(腹違い兄弟)がいます。私は配偶者も子もその他兄弟もいません。

そこで、私が死亡した場合、私の財産は母にすべて残したいのですが、父と腹違い兄弟に相続権を主張されることを回避することはできないものでしょうか?

また、父が死亡していると仮定した場合の腹違い兄弟の代襲相続が行われるのかどうかもお聞きしたいです。

とにかく、父と腹違いの兄弟に私の財産を一切渡さないために何か方法はありませんでしょうか?


専門家の回答を見る
母の遺産相続協議
父の死に続き母の遺産相続協議3年目で相続人3姉妹、母の実家と別宅を往復(4年半)した三女(独身)私に、遺言状(検認済み)で実家(現在居住中、別宅は管理名目で行く)に引き続き住むよう、寄与分として私に家屋土地を(正確には父の未分割分を引くと6/9)それ以外の財産は3等分とありました、法務局ではこの辺りの土地の総称の地名のみで地番が無いので、登記却下。

家裁では次女(子供無し夫あり)は遺言に異議あり調停は整わず、又
無効遺言訴訟の気配なし、未分割分は母の預貯金で支払うと云う遺言でしたが、その点は諦め1/9づつ土地の実勢価格で支払うとそれ以上の出費は、家の売却しかないので、私の方からも今のところ断念。もう一度法務局に掛け合う矢先、前触れ無く次女側から共有分割されました。  ...
専門家の回答を見る
相続放棄と連帯保証人
初めてお問い合わせさせて頂きます
宜しくお願い致します
早速ではございますが下記について御教授お願い致します

昨年12月に義父が他界し主人と義理妹2人が相続放棄し受理されました
引続き義父の両親と兄弟姉妹も相続放棄手続きする予定です
義父は生前賃貸アパートに暮らしており
その連帯保証人に義理妹(次女)がなっています
相続放棄の関係で荷物は整理したものの処分せずアパートに放置しております
(財産になる物はありません)
アパートの管理会社から連帯保証人である次女に家賃滞納と原状回復費の請求の話がありましたが次女には支払う能力がない旨を説明すると要相談と保留のままです
このままですと家賃滞納が増すばかりで困っています(他に保管する場合もありません)  ...
専門家の回答を見る

相続・遺産とは?

亡くなった人の財産を遺産といい、一定の家族が引き継ぐことを相続といいます。自分の親や親族が亡くなった場合、まず葬儀や行政手続など色々やることがあります。悲しみに暮れている時に多くの手続きを行わなければならないので、非常に酷です。それと同じように親が残した遺産を相続するのも大変な作業です。遺産相続は、その査定や課税方法が複雑であり、素人が理解するには骨の折れる作業です。基礎的な知識を持っていないと大きな損をしてしまうかもしれません。いざという時に備えて知識を身につけておきましょう。
また、相続税は、相続が起きると必ず払わなければならないものではありません。相続税は遺産相続の総額が一定額を超える人のみ支払えばいいということを知っておきましょう。

相続税の基礎控除額

その金額はいくらかといいますと5000万円と法定相続人の人数に1000万円を掛けて求めた金額とを合計した金額です。この金額を遺産に係る基礎控除額といいます。例えば、相続財産が2億円で相続人が3人の場合の基礎控除額は8000万円になります。
相続税を申告する必要のある人は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に被相続人(死亡した人)の住所地の所轄税務署に申告する必要があります。必ず自分で申告書を取りに行かなければならないので注意しましょう。相続税を申告しなければいけないのに、申告をしないでいると、税務署から決定の通知があり、この場合、徴収額に対して15%の無申告加算税が課せられます。
また、決定前ではあるが申告が期限後である場合は、その申告が決定のあることを予知してなされたものでなければ10%の加算税が課せられます。