相続について弁護士、税理士に相談できる日本最大級のQ&Aサイト!

お助け相続ナビ

相続・遺産相続の専門家に無料で質問ができる専門家検索サイト

まずは相続の専門家に電話で無料相談!
相続に関する問題は、時間が経過すると解決が難しくなることや余計な費用が
発生することがあります。早い段階で相続の専門家に相談して親族間のトラブルを
未然に防ぎましょう。弁護士をはじめとする専門家があなたをサポートします。

相続ナビマップ 北海道 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 青森 島根 京都 岩手 鳥取 山口 福井 石川 富山 長野 新潟 岡山 広島 兵庫 大阪 石川 神奈川 埼玉 東京 山梨 茨城 群馬 栃木 千葉 山梨 栃木 埼玉 滋賀 群馬 千葉 和歌山 愛知 愛知 三重 岐阜 静岡 岐阜 茨城 静岡 三重 和歌山 奈良 滋賀 京都 兵庫 大阪 東京 長野 福井 富山 奈良 神奈川 島根 鳥取 山口 広島 岡山 宮城 福島 新潟 秋田 山形 徳島 高知 香川 愛媛 徳島 香川 高知 愛媛 鹿児島 福岡 宮崎 大分 熊本 長崎 佐賀 鹿児島 熊本 佐賀 長崎 宮崎 大分 福岡 沖縄 沖縄
事務所名や、駅名からお探しできます。

相談したい内容から専門家を検索

取扱業務から専門家を探す

「お助け相続ナビ」で無料の相続相談

ある日突然おこる相続の問題。その時に備えて相続に関する準備を始めませんか?!「お助け相続ナビ」では、相続の様々な専門家(弁護士や税理士など)に無料で相談することが出来ます。また、「直ぐに対応して欲しい!」というお急ぎの方には、地域別の相続専門家検索がお勧め。あなたのお近くの専門家を探せます。

無料相談・専門家検索以外も充実のコンテンツ!

無料相談による日本最大級の相続Q&Aはもちろんですが、その他にも相続に関する「基礎知識」コンテンツも充実しています。相続の基本的な手続きの流れから、専門用語の解説まで、いざという時に役立つ相続コンテンツをご覧ください。

弁護士、税理士への相続相談 Q&A

基礎控除額
夫の遺産が預貯金と死亡保険金を合わせて総額4200万円弱となります。
内、死亡保険金のほんの一部を夫の母と妹に分配します。
この場合の基礎控除額は法定相続人が3人で
3000万円+(600万円×3人)=4800万円で
相続税の申告は不要と考えて良いでしょうか?
専門家の回答を見る
生前贈与
数年に分けて、生前贈与として計500万円を両親からもらいました。
私は結婚して、子供が3人いるのですが、主人が何年も働いてなく、生前贈与のお金を生活費にあてて生活しています。
どうにかして、この生前贈与のお金を主人、主人の両親から返してもらいたいと思っているのですが、可能でしょうか。
専門家の回答を見る
契約者が会社の生命保険について
先月、夫が亡くなりました。
夫が勤めていた会社で福利厚生の一環として2社の生命保険に加入してました。満期時は退職金として、死亡時は遺族が死亡保険金として受けとるという内容のものです。
今回、死亡保険金としてそれぞれ500万円づつ受けとりました。

A社
契約者:会社
被保険者:夫
受取人:妻

B社
契約者:会社
被保険者:夫
受取人:夫の父

B社は受取人が夫の父ですが2年前に亡くなっている為
夫の母、夫の妹、私とで受けとる事になり、代表受取人として私の口座に振り込まれました。
分配は母250万円、妹125万円、私125万円で分けることになってます。

A社、B社それぞれ相続か贈与のどちらになるのでしょうか?
専門家の回答を見る
遺産分配
8年前に母親が他界し、遺産として不動産(土地・家)を4人の相続人に残しましたが、相続人の1人が当該不動産を購入する際に母7千万円に対して1千万円を同居を条件に出資し購入代金に組み込まれました。仮に不動産が購入時より半額で売却した場合に出資金も連動して半額になるのでしょうか、また、出資した事実は本人及び他の1人が母の生前に聞いたことを根拠としていますが、法律的に有効ですか、お尋ねします。
専門家の回答を見る
不動産の相続
8年前に母親が亡くなり不動産の遺産(相続人4人)の家屋に相続人1人(私の妹)が今日まで居住し何らの遺産相続の手続きもしていません。最近当法律相談で遺産手続を死亡後10日以内に行うとありましたので、今から手続を開始しても法律的に問題が無いかお尋ねします。宜しく。
専門家の回答を見る

相続・遺産とは?

亡くなった人の財産を遺産といい、一定の家族が引き継ぐことを相続といいます。自分の親や親族が亡くなった場合、まず葬儀や行政手続など色々やることがあります。悲しみに暮れている時に多くの手続きを行わなければならないので、非常に酷です。それと同じように親が残した遺産を相続するのも大変な作業です。遺産相続は、その査定や課税方法が複雑であり、素人が理解するには骨の折れる作業です。基礎的な知識を持っていないと大きな損をしてしまうかもしれません。いざという時に備えて知識を身につけておきましょう。
また、相続税は、相続が起きると必ず払わなければならないものではありません。相続税は遺産相続の総額が一定額を超える人のみ支払えばいいということを知っておきましょう。

相続税の基礎控除額

その金額はいくらかといいますと5000万円と法定相続人の人数に1000万円を掛けて求めた金額とを合計した金額です。この金額を遺産に係る基礎控除額といいます。例えば、相続財産が2億円で相続人が3人の場合の基礎控除額は8000万円になります。
相続税を申告する必要のある人は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に被相続人(死亡した人)の住所地の所轄税務署に申告する必要があります。必ず自分で申告書を取りに行かなければならないので注意しましょう。相続税を申告しなければいけないのに、申告をしないでいると、税務署から決定の通知があり、この場合、徴収額に対して15%の無申告加算税が課せられます。
また、決定前ではあるが申告が期限後である場合は、その申告が決定のあることを予知してなされたものでなければ10%の加算税が課せられます。