相続について弁護士、税理士に相談できる日本最大級のQ&Aサイト!

お助け相続ナビ

相続・遺産相続の専門家に無料で質問ができる専門家検索サイト

まずは相続の専門家に電話で無料相談!
相続に関する問題は、時間が経過すると解決が難しくなることや余計な費用が
発生することがあります。早い段階で相続の専門家に相談して親族間のトラブルを
未然に防ぎましょう。弁護士をはじめとする専門家があなたをサポートします。

相続ナビマップ 北海道 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 青森 島根 京都 岩手 鳥取 山口 福井 石川 富山 長野 新潟 岡山 広島 兵庫 大阪 石川 神奈川 埼玉 東京 山梨 茨城 群馬 栃木 千葉 山梨 栃木 埼玉 滋賀 群馬 千葉 和歌山 愛知 愛知 三重 岐阜 静岡 岐阜 茨城 静岡 三重 和歌山 奈良 滋賀 京都 兵庫 大阪 東京 長野 福井 富山 奈良 神奈川 島根 鳥取 山口 広島 岡山 宮城 福島 新潟 秋田 山形 徳島 高知 香川 愛媛 徳島 香川 高知 愛媛 鹿児島 福岡 宮崎 大分 熊本 長崎 佐賀 鹿児島 熊本 佐賀 長崎 宮崎 大分 福岡 沖縄 沖縄
事務所名や、駅名からお探しできます。

相談したい内容から専門家を検索

取扱業務から専門家を探す

「お助け相続ナビ」で無料の相続相談

ある日突然おこる相続の問題。その時に備えて相続に関する準備を始めませんか?!「お助け相続ナビ」では、相続の様々な専門家(弁護士や税理士など)に無料で相談することが出来ます。また、「直ぐに対応して欲しい!」というお急ぎの方には、地域別の相続専門家検索がお勧め。あなたのお近くの専門家を探せます。

無料相談・専門家検索以外も充実のコンテンツ!

無料相談による日本最大級の相続Q&Aはもちろんですが、その他にも相続に関する「基礎知識」コンテンツも充実しています。相続の基本的な手続きの流れから、専門用語の解説まで、いざという時に役立つ相続コンテンツをご覧ください。

弁護士、税理士への相続相談 Q&A

遺産協議について
3か月前に父が死亡しました。
法定相続人は母と兄弟3人です。

事業をしていたので、遺産はある方だと思いますが、入院期間が長かったので、当初は財産は母が管理してました。その母も病気がちになり、3年前から全部を同居している長男にまかせています。

その兄なのですが、実家を改装して自分の事業も始めましたが、すべて親の貯蓄からだしているようです。子供の大学費用なども。。。。金額ははっきり把握できておりませんが、そのことがもとで兄弟の仲がいまくいかなくなりました。

来月遺産協議の予定ですが、兄がだしてくる遺産の明細が正しいものか疑問です。税理士さんと組んでかなり操作してるような気がします。

どのようにしたら疑惑なく協議できるか教えてください。
専門家の回答を見る
相続について
義理の母が老人ホームに入り自宅を現在長男夫婦が管理しています。最近長女からその土地家屋を相続するつもりなら私達に相続の金額を示してほしいと言われました。固定資産税より算定したりして相続の金額を払わないといけないのでしょうか。私達に現金は有りません。 土地を売るしか無理なのでしょうか。
専門家の回答を見る
実家を守る子の相続
父88歳、母は離婚、子2人(私=長男、長女)
現在、父と私が同居しております
最近、父の希望で相続の分割についての話がありました
不動産と預貯金を分割するにあたり、1/2になるように父なりの考えを聞かされました
私としては、今後父の介護等の負担がかかってきます、長女は父の介護に消極的です
私は3年前離婚し父と2暮らしです
父の考えは、弟姉に揉め事のないようにとの考えがあったようです
私的には少し不満です
少しの上積みは無いのでしょうか?
専門家の回答を見る
20年前の贈与税に対して
私(相談者)は、30代女性です。祖母は2013年3月に他界しました。2014年11月、申告した相続に対しての調査のため、税務署が自宅に入りました。孫である私の通帳も確認して『こんなにあるわけがない!』と言われました。実は、20年前に祖母から贈与されていたわけですが、母がこれを怠っておりました。この贈与に対し、さかのぼって、贈与税がかかってくるのでしょうか?
ご回答、よろしくお願いいたします。
専門家の回答を見る
火災保険
別居の父が2年前に他界し、現在は母が父と共に住んでいた実家に今でも住んでいます。
その実家の住宅と土地は息子の私が父から相続しました。
その住宅には父が生前に5年満期の一括払い(約13万円)火災保険を掛けており、その保険の権利は母が相続しました。
つまり保険の契約者は母で、被保険物件の所有者は私です。
最近風水害により、建物の一部が破損したので修理の保険金を請求しています。
この場合、下りた保険金(100万円以上の予定)は誰のものでしょうか?
この保険金を使って実家の修理をすると所有者の息子の私に母からその金額を贈与されたことになるのでしょうか?
専門家の回答を見る

相続・遺産とは?

亡くなった人の財産を遺産といい、一定の家族が引き継ぐことを相続といいます。自分の親や親族が亡くなった場合、まず葬儀や行政手続など色々やることがあります。悲しみに暮れている時に多くの手続きを行わなければならないので、非常に酷です。それと同じように親が残した遺産を相続するのも大変な作業です。遺産相続は、その査定や課税方法が複雑であり、素人が理解するには骨の折れる作業です。基礎的な知識を持っていないと大きな損をしてしまうかもしれません。いざという時に備えて知識を身につけておきましょう。
また、相続税は、相続が起きると必ず払わなければならないものではありません。相続税は遺産相続の総額が一定額を超える人のみ支払えばいいということを知っておきましょう。

相続税の基礎控除額

その金額はいくらかといいますと5000万円と法定相続人の人数に1000万円を掛けて求めた金額とを合計した金額です。この金額を遺産に係る基礎控除額といいます。例えば、相続財産が2億円で相続人が3人の場合の基礎控除額は8000万円になります。
相続税を申告する必要のある人は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に被相続人(死亡した人)の住所地の所轄税務署に申告する必要があります。必ず自分で申告書を取りに行かなければならないので注意しましょう。相続税を申告しなければいけないのに、申告をしないでいると、税務署から決定の通知があり、この場合、徴収額に対して15%の無申告加算税が課せられます。
また、決定前ではあるが申告が期限後である場合は、その申告が決定のあることを予知してなされたものでなければ10%の加算税が課せられます。